木材用グラップルのVRグラップルシミュレータで作業を疑似体験できます!

このたび株式会社デッドロック様にVRグラップルシミュレータを開発してもらいました!(開発:株式会社デッドロック、協力および販売元:澄川工作所)

VRとは「Virtual Reality(バーチャル・リアリティー)」の略で、「仮想現実」とも言われます。このVR技術を使い、木材をつかんだり移動させるための重機である木材用グラップルの操作を疑似体験できます。

VRグラップルシミュレータの様子

使用者はヘッドセットをかぶるため、360度どこを見ても重機の中にいるような臨場感あふれる体験が可能です。操作レバーは実際の重機と同じようにJIS規格となっています。グラップル操作は電磁弁グラップルとなっています。外部出力もできるため、使用者以外の人が操作の指導等を行うことができます。

このVRグラップルシミュレータは持ち運びが可能です。そのため各種安全講習やセミナー等で気軽に重機の練習ができます。また実際の重機と異なり操作ミスでけがをすることがなく、何をすれば危険なのかを体験することができます。

販売は今年後半を予定しています。それまではぜひ弊社にお立ち寄りいただき、VRグラップルシミュレータを体験してみてください。

カテゴリー: 林業機械 タグ: パーマリンク