春の機械整備時期

北海道も日増しに暖かくなり、雪解けが進んでいます。北海道では雪解けシーズンである3月中旬くらいから4月中旬ぐらいまで現場に入れなくなるなることが多いので、それに合わせて機械の整備依頼が多くなります。弊社の敷地にはグラップルやフォワーダ、ハーベスタなどいろいろな機械が集まってくる時期になります。

整備の内容としては各種オイル交換やフィルタ交換、凹んでしまったガードの修正、グラップルの刃先交換、滑り止めの爪を落とすなどなど多岐にわたります。林業で使用する場合、外装はどうしても傷がついたり凹んだりしますが、機能的に修正したほうが部分についてはお客様と相談して修正します。

1年間、山で頑張ってきた機械がまた1年間無事に仕事ができるようにしっかりとメンテナンスしていきたいと思います。

カテゴリー: 林業機械 パーマリンク