ボルト式滑り止め加工で北広島セルプ様と工福連携を開始!

北広島市で就労支援を行っている北ひろしま福祉会北広島セルプ様と共同で、ボルト式滑り止めの金属加工において工福連携を開始しました。

「工福連携」とは「工業」と「福祉」からの造語です。農福連携や水福連携という言葉は既にあるようです。

なぜ工福連携があまり無いかというと、一般的な就労支援施設での作業は安全確保が非常に難しいらしく、軽作業や農福連携などのように農業系の作業がほとんどで、金属加工などの工業との連携はあまりないようです。今回の取り組みについては北広島セルプの担当のかたと安全対策を何度も確認、また作業工程についてもどこまで対応できるか十分に検討を行っています。

生産数はまだまだ少ないですがこれから少しずつ進めていき、冬の需要期に向けて製作していきます。冬の北海道、特に林業の現場には最適な滑り止めになっていますので、ぜひ使ってみてください。

カテゴリー: 林業機械 パーマリンク

ボルト式滑り止め加工で北広島セルプ様と工福連携を開始! への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 北ひろしま福祉会

コメントは受け付けていません。